スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰にでもある感性という能力

誰にでもある感性という能力

デザインの話をしていると感性という言葉をしばしば使う。そこで感性の意味を考えてみる。

心理学用語として感性を解釈すると「刺激に反応して感覚を生じる能力」ということになる。哲学用語では「印象を受け入れる能力」だ。しかしこの定義では分かりづらい。私は感性とは「良いなと思う気持ち」と考えている。日常の生活で何かを見て良いなと思う経験をしばしばする。例えがヨーロッパ車の格好いスタイリングを見て良いなと思ったり、友禅の素晴らしい色彩の着物を見て良いなと思ったりする。これが感性だ。何にでも良い、良いなと思った経験があれば、その人は感性があるのだ。感性の類似語にセンスと美意識がある。いずれも「良いなと思う気持ち」を持っていれば、センスがある、美意識があると考えて良いと思う。

皆さんと話すと、センスがないことを嘆く人がかなりいる。だからデザインができないと短絡して考えている人がいる。この考え方は間違っている。この人たちはデザインを流行の最先端と考えている人達だ。デザインは日常の生活の中にあり、格好いい物ばかりがデザインではない。むしろ一般的に受け入れられるデザインは、普通のデザインなのだ。

皆さんががデザインを考えるとき、まず自分が良いなと思う気負いのないデザインを考えてみる。良いデザインにしようとか、可愛いデザインにしようとか余計なことを考えない。一途に自分が良いなと思うデザインを一生懸命考えて、普通のデザインを考えれば良い。この段階は誰にでも出来ることだし、他人に批判されることもない。感性「良いなと思う気持」があれば出来る。デザインをする第一歩なのだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

marsdesert

Author:marsdesert
北村正彦
寺島デザイン研究所代表取締役
1945年東京生まれ
東京学芸大学卒業
インダストリアルデザイナー
デザインコンサルタント
オブジェ作家
kitamura@ad.il24.net
090-9156-1709

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
moondesert_mshkをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。