スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

造形の三要素

造形(デザイン)の三要素

造形とは、物の形を作り上げることだ。

頭の中で形を考えて、絵でだいたいの形を描いてみる。そこで気が付くことは、形だけでは何かもの足りない。このものは何色なのだ。赤なのか青なのかいったい何色だ。物の形には、色があることを気づく、そしてもう一歩進めるとそのものは何でできているか、ガラスなのか金属なのかプラスチックなのか、造形には形の他に色と材質も関係することが理解できると思う。

造形には三つの要素がある。形(形態)と、色(色彩)と、質(材質)だ。この三つの要素を総合的に考えることが、造形するということなのだ。

狭義に考えてデザインすることは、デザインしようとする物の目的/条件を考えて形態、色彩、材質を決めていくこただ。

手の機能が衰えた高齢者に、便利で使いやすい歯ブラシをデザインしたとする。

歯ブラシには、手で持つ部分のハンドルと歯を磨く部分のブラシがある。ハンドルは握力の衰えを考えてなるべく持ちやすいように太くする、ブラシは口に入れやすいように一般のブラシより小さめにする。色は目の衰えを考えて、ハッキリ見えるように原色に近い色を想定する。材質はもちろんプラスチックだ。そしてハンドルは滑らないようにゴムのような材質を一部使うことで、より高齢者に優しい歯ブラシのデザインにする。

文章で書くと簡単にまとめて書ける。デザインには三つの要素があると認識しているだけで、何かをデザインするときスムースに導入できる。そして考えてた造形(デザイン)を絵にしてみる。絵は下手でもいい。これでデザインの一歩を踏み出せる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

marsdesert

Author:marsdesert
北村正彦
寺島デザイン研究所代表取締役
1945年東京生まれ
東京学芸大学卒業
インダストリアルデザイナー
デザインコンサルタント
オブジェ作家
kitamura@ad.il24.net
090-9156-1709

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
moondesert_mshkをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。