スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bauhaus

/現代デザインの基礎を築いた学校/ 2009年2月の時点
デザインを勉強した人は皆知っている

バウハウスは、1919年に、ヴァルター・グロピウスの手によって保守的な都市ヴァイマルに建設された。これはヴァイマル美術工芸学校(the Weimar School of Arts and Crafts)とヴァイマル美術アカデミー(the Weimar Academy of Fine Arts)を合併した
ものだった。
建築や消費財におけるバウハウスの考え方は、機能的かつ安価で、大量生産に適したものであり、芸術的主張を伴いつつも高性能で機能主義を満足するデザインを目指した。
アメリカ合衆国やイギリスが持っている原材料がドイツには欠けていたので、その分熟練労働力が持つ練達さと、革新的で高性能な商品を輸出する能力に頼らなければならなかった。したがってデザイナーが必要になり、そのための芸術教育の新しい形式もまた要請された。
バウハウスの理念は、芸術家(デザイナー)は産業と共に働いて鍛えられるというものだった。
基本的にバウハウスのデザイン理念は、世界基準になっていると言っても過言ではない。
1996年に「ヴァィマルとデッソウのバウハウスとその関連遺産群」は、世界遺産になった。

02BauHaus.png
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

marsdesert

Author:marsdesert
北村正彦
寺島デザイン研究所代表取締役
1945年東京生まれ
東京学芸大学卒業
インダストリアルデザイナー
デザインコンサルタント
オブジェ作家
kitamura@ad.il24.net
090-9156-1709

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
moondesert_mshkをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。