スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのインダストリアル・デザイン

アメリカのインダストリアル・デザイン
ビジネスとしてのデザイン

・インダストリアル・デザインという呼称は1919年頃アメリカでジョーセフ・サイネル
によって造語されたといわれている。ジョーセフ・サイネルはニュージーランドの移民と言われているが詳細は不明である。

・インダストリアル・デザインという職能が社会的に認知されるのは1920年代末のことと言われている。

・アメリカでのインダストリアル・デザインは、大量生産、大量消費のビジネスとして誕生し発展した。

・1929年10月の大恐慌(The Great Depression)がインダストリアル・デザインの存在をクローズアップした。現在もこの傾向はあるが、企業は不景気になるとデザインで売り上げをアップしようとする。

・この時代のアメリカ的デザインのキーワードは「摩天楼・Skyscraper」と「流線型・Streamline」。摩天楼は、ナンバーワンを誇りとするアメリカの国民性の象徴であり、流線型は、科学的根拠のもと高速の乗り物に適用された合理的な形態であったが、やがてその形状の流行であらゆる商品の形態に応用された。

エンパイアービル
摩天楼の代表、エンパイアーステートビルディング

リンカーン・ゼファー
リンカーン・ゼファー

アイロン
流線型のアイロン

トースター
流線型のトースター

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

marsdesert

Author:marsdesert
北村正彦
寺島デザイン研究所代表取締役
1945年東京生まれ
東京学芸大学卒業
インダストリアルデザイナー
デザインコンサルタント
オブジェ作家
kitamura@ad.il24.net
090-9156-1709

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
moondesert_mshkをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。