スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松下幸之助

松下幸之助
いち早くデザインを取り入れた経営者

松下ポートレート

1894年11月27日、和歌山県、9歳で宮田火鉢店に丁稚奉公、後奉公先を五代自転車に移した。自転車屋奉公時代、店主に度々タバコを買いに行かされた。その際一々買いに出かけるより纏め買いして置けば、直ぐタバコを出せる上、単価も安くなる。これを利用して小銭を溜めた。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し、7年間勤務する。簡単に電球を取り外すことができる電球ソケットを在職中に考案する。1917年、大阪電燈を依願退職した。自宅で、妻むめのと、その弟の井植歳男(営業担当、後に専務取締役、戦後に三洋電機を創業して独立)、および友人2名の計5人で製造・販売に着手。1918年に大阪市北区西野田大開町で松下電気器具製作所を創業。カンテラ式で取り外し可能な自転車用電池ランプ(1925年から「ナショナル」商標を使用開始)を考案し、これらのヒットで乾電池などにも手を広げ、1929年の松下電器製作所への改称。事業拡大のため門真市に本社・工場を移転した。当時門真市から枚方市にかけての地域は大阪市内から見て鬼門に当たるとして開発が遅れていたが、東北に細長く延びる日本地図を指して「日本列島はほとんどが鬼門だ」と述べて断行した。1935年には松下電器産業株式会社へと社名変更した。戦後直ちにGHQによっ公職追放処分を受ける。
1946年11月にはPHP研究所を設立し倫理教育に乗り出す。
1947年に社長に復帰する。1950年以降、長者番付で10回全国1位を記録。1951年テレビ事業視察のため長期外遊、後経営の神様に。1989年4月27日死去。2008年10月パナソニック(株)へ。

1951年アメリカ視察から帰国した松下幸之助氏は、羽田で「これからはデザインや」と興奮気味に話したという。
1951年、松下電器産業に製品意匠課が設置されたのが、日本初の企業内デザイン組織といわれる。松下幸之助が5年の米国視察の際に、メーシー百貨店でデザイン(外観意匠)の違いだけで10ドル近くも高く売られているラジオをみて、これからの企業経営にデザインが重要であることを直感的に理解し、帰国後すぐに同組織を創ったといわれる。ほぼ同時期に他の企業も同様の組織を設置している。

「神さんはデザイン上手やな」
「テレビというのは、ブラウン管がこれだけ占めてますから、それに制約されて、変えるところは、つまみとチャンネルくらいしかありません。そんなに変わり映えするようなデザインはできません」
「地球上に、いま、何人の人間がおるんや」
技術者が「30億人ほどでしょうか」と答えると、創業者は、「2、30億おるな。パーツの数、一緒やで」と言い、こう続けた。
「目が2つで、鼻が1つで、口が1つでな、テレビより面積は小さいけど、顔はみんな違うわな。神さんはデザイン上手やな」

リンク
松下、デザインの歩み
インダストリアルデザインの誕生
神さんのデザイン
日本デザイン史
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

marsdesert

Author:marsdesert
北村正彦
寺島デザイン研究所代表取締役
1945年東京生まれ
東京学芸大学卒業
インダストリアルデザイナー
デザインコンサルタント
オブジェ作家
kitamura@ad.il24.net
090-9156-1709

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
moondesert_mshkをフォローしましょう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。